ナチュラルハウス公式twitter

ナチュラルハウス公式instagram

ナチュラルハウス公式Facebook

2012年1月ベビーサイン新規クラス開講

ようこそナチュラルハウスへ

食品の商品基準

農薬のついた野菜を食べていませんか?野菜の話

一般的な野菜や果物の栽培では、化学合成農薬や化学肥料が使用されています。なぜなら見た目も良く均一な大きさの野菜を多く作るためです。手間をかけず虫や病気から守るためには、殺虫剤や殺菌剤などの農薬が必要です。そして、畑の雑草を取り除くために除草剤も使用します。化学肥料は作物の成長を促すために使っています。
日本で化学合成農薬や化学肥料を使用する農法が中心になったのは、戦後になってからのことです。昔の日本の農家では多品種の農作物を栽培していました。虫は生態系の一つとして自然と共存し、人も手間をかけて栽培をしていました。残留農薬を心配する野菜や果物より、昔ながらの農法で作られた本来の美味しさを味わってみませんか?

化学合成農薬に関して

農作物だけでなく、農薬を使用する生産者の身体の影響も心配されます。

化学肥料に関して

化学肥料は土壌を堅くし、土がもつ力が損なわれることがあります。

ナチュラルハウスからのご提案

  • できるだけ化学合成農薬農薬や化学肥料を使っていないもの。
  • 有機JAS認証を受けているもの。
  • 生産者の顔や想いがわかるもの。
  • 輸送時のエネルギー放出(フードマイル)を考えて国内産をおすすめします。

おすすめ商品

野菜の写真

斉藤完一さん
生産者連合デコポン
斉藤完一さん

いい畑は、その土の上に立っているだけで安心できる。野菜の生産の場としてだけでなく、畑は人を癒す場なんです。子供の食育が注目されていますが、畑に連れてくれば本能的に遊びます。土と水があれば人は生きてゆけます。目に見えない無数の生物が息づく健全な大地。その土の上でわたしたちは生かされています。

TOP OF PAGE