ナチュラルハウス公式twitter

ナチュラルハウス公式instagram

ナチュラルハウス公式Facebook

2012年1月ベビーサイン新規クラス開講

ようこそナチュラルハウスへ

食品の商品基準

国産大豆とにがり、本来はシンプルなもの。豆腐の話

日本の伝統食である豆腐。本来、国産の大豆で作られるべきものですが、輸入大豆を使用している豆腐が多く流通しているのが現実です。コスト重視で輸入大豆を使用し、手間を省くことを目的に、消泡剤という添加物を使用することが広く行われています。国産大豆は自給率約5%。有機栽培大豆になるとさらにその5%といわれています。そんな希少な大豆を使用した、昔ながらの製法で作られた豆腐を味わってみませんか?

添加物について

豆腐は製造過程において、2種類の添加物を使用しています。

1.消泡剤
砕いた大豆(生呉)を、加熱(煮沸)すると泡が生じます。泡があると、食感の良い豆腐に仕上がりません。手間をかけ丁寧に泡をすくい取りますが、コスト重視の豆腐には消泡剤を使用します。種類としてはグリセリン脂肪酸エステルやシリコーン樹脂があります。

2.凝固剤
豆乳を『凝固』させるために使用する添加物で、豆腐製造には不可欠なものです。昔ながらの作り方で作ると「にがり(塩化マグネシウムと表記されます)」を使用します。大量生産の豆腐を作る場合は下記のような凝固剤が使用されます。

  • 硫酸カルシウム
  • グルコノデルタラクトン
  • 塩化カルシウム

ナチュラルハウスからのご提案

  • 貴重な国産大豆、最も望ましいのは国産“有機”大豆を使用しているもの。
  • 大豆の栽培履歴が確認できるもの、生産者が特定されているもの。
  • 凝固剤ににがり(塩化マグネシウム)を使用しているもの。
  • 消泡剤を使用していないもの。

おすすめ商品

国産有機木綿豆腐 国産有機絹豆腐
容量330g/262円(本体価格250円)
国産有機木綿豆腐 国産有機絹豆腐希少な有機JAS認証の国産大豆を100%使用し、にがりで固めました。昔ながらの作り方で大豆の程よい甘みを楽しめるおいしい豆腐です。もちろん、消泡剤は使用しておりません。
特選 三之助 容量400g/399円(本体価格380円)
特選 三之助厳選した国産大豆を使用し、にがりで固めた職人の技が光るこだわりの逸品です。通常木綿豆腐を作るときは、型に流し込んだ後重しで脱水しますが、特選三之助は自然脱水で水分を切り時間をかけて固めています。舌触りのよい甘みのある豆腐に仕上がっています。
TOP OF PAGE