ナチュラルハウス公式twitter

ナチュラルハウス公式instagram

ナチュラルハウス公式Facebook

ようこそナチュラルハウスへ

食品の商品基準

その牛乳は健康な牛のものですか?牛乳の話

牛乳を低価格で販売するために、牛は機械のように育てられることがあります。本来であれば、良質の牛乳を作るためには健康な牛の飼育が必要です。牛の健康を保つためにある程度の運動をさせなければなりませんが乳牛の多くは牛舎につながれたままのことがあるようです。その場合、せいぜい1メートルくらいしか動けないようにつながれて、乳牛は立っているか寝そべっているかの姿勢しかとれません。
一番良いのは放牧ですが、ホルスタイン種は乳を出すために改良されていて足腰が弱く、大きな乳房を木や岩で傷つける等の事故があります。餌についても牛は本来草食ですが草だけでは乳量が出ないので穀物(とうもろこし、大豆、麦など)を与える必要があります。輸入の穀物には遺伝子組み換えのものが含まれている可能性があります。飼育や餌にこだわった健康な牛の牛乳をおすすめします。

飼料に関して

  • 抗生物質、穀物(とうもろこし、大豆など)が与えられ牛の乳量をコントロールしています。
  • 日本では家畜を育てる広大な牧草地帯がほとんどないため穀物を含んだ飼料が中心の食事になっています。
  • ダイオキシンは脂肪分に溜まりやすいので、農薬のついた飼料を食べている牛の乳はダイオキシンの影響を受ける可能性があります。

ナチュラルハウスからのご提案

  • 牛にホルモン剤、抗生物質を与えていないもの。
  • 農薬の影響のない牧草と非遺伝子組み換えの穀物。
  • 健康な牛からとった牛乳であれば「低温殺菌」のもの(日本のほとんどの牛乳は80〜85℃で5〜6分間熱を加え、さらに120〜130℃で2秒殺菌する「超高温殺菌」をしています)。

おすすめ商品

1L/431円(本体価格410円)手造り牧草の牛乳
手造り牧草の牛乳日本ではじめての「無農薬・低温保持殺菌牛乳」です。飼料には農薬や化学肥料、化学合成物質(殺虫剤、除草剤など)は使っていません。低温保持殺菌技術で栄養分もこわれず安心して美味しく飲めます。
TOP OF PAGE